Pixel 6aの画面、実は90Hz対応もGoogleが60Hzに制限していた

    Pixel 6aの画像

    Pixel 6aの画像
     
    Googleの新型スマートフォンであるPixel 6aは上位機種であるPixel 6/6 Proと同じシステム・オン・チップ(SoC)を搭載しながら価格を抑えた機種です。
     
    画面のリフレッシュレートが60Hzである点もコストを抑えるためとみられていましたが、実はPixel 6aのディスプレイは90Hz駆動に対応していることがわかりました。

    90Hzで動作可能なPixel 6aのディスプレイ

    TwitterユーザーのNathan氏(@TheLunarixus)は、Pixel 6aのディスプレイを90Hzで動作させることに成功しました。
     


     
    GoogleはPixel 6aの画面リフレッシュレートを60Hzとしていましたが、実はより高いリフレッシュレートで動作可能であるようです。
     
    リフレッシュレートが高いとスクロール時など、画面を書き換える際の動作がよりなめらかになります。

    差別化のため?バッテリー持ち時間のため?

    GoogleがあえてPixel 6aの画面リフレッシュレートを60Hzに制限しているのには2つの理由が考えられます。
     
    1つ目は上位機種であるPixel 6/6 Proとの差別化のためです。
     
    Pixel 6/6 Proの価格はそれぞれ74,800円〜/116,600円〜なのに対し、Pixel 6aは53,900円〜と同じSoCを搭載しているにもかかわらず格安です。
     
    Pixel 6/6 Proの画面リフレッシュレートはそれぞれ最大90Hz/最大120Hzなのに対し、Pixel 6aを90Hzにしてしまうと消費者がこぞってPixel 6aを選択してしまうため、あえて差を大きくつけて60Hzとしたのかもしれません。
     
    (2022/8/13修正: Pixel 6のリフレッシュレートを最大120Hzとしていましたが、正しくは最大90Hzでした。)
     
    もう1つの可能性はバッテリーの持ち時間です。
     
    Pixel 6aのバッテリーは4,410mAhと、Pixel 6/6 Proの4,614mAh/5,003mAhに比べて容量が小さいものが搭載されています。
     
    また、Pixel 6/6 Proには最大90/120Hzの可変リフレッシュレート機能が搭載されているためバッテリーへの影響が小さいですが、Pixel 6aでリフレッシュレートを常時90Hzにするとバッテリーの持ち時間が短くなりすぎるのかもしれません。
     
    (2022/8/13修正: Pixel 6のリフレッシュレートを最大120Hzとしていましたが、正しくは最大90Hzでした。)

     
     
    Source: Nathan/Twitter via PhoneArena
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次