欧州スマホ市場でAppleが好調〜2022Q2、ロシアから撤退にもかかわらず - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 欧州スマホ市場でAppleが好調〜2022Q2、ロシアから撤退にもかかわらず
2022年8月3日 08時03分

読了まで 26

欧州スマホ市場でAppleが好調〜2022Q2、ロシアから撤退にもかかわらず

人々がスマホを使う画像


 
2022年第2四半期(4月〜6月)のヨーロッパスマートフォン市場は、前年同期比/前期比ともに出荷台数大幅減を記録しました。
 
しかしながら、Appleロシア市場から撤退したにもかかわらず、前年同期比で出荷台数を伸ばしています

前年同期比11%減、前期比13%減のヨーロッパスマホ市場

調査会社のCounterpointによると、2022年第2四半期のヨーロッパスマートフォン市場は4,030万台の出荷を記録しました。
 
この台数は前年同期比で11%、前期比でも13%の大幅な減少となっています。
 
ヨーロッパスマホ市場の出荷台数推移
 
また、約4,000万台という出荷台数は2020年第2四半期以来の低水準です。
 
大幅減の理由としては経済情勢の悪化と地政学的な不確実性の影響が大きいとされています。
 
2022年第2四半期については、中国のスマートフォン市場も低調でした。

Appleはロシアからの撤退にもかかわらず前年同期比増

メーカー別に見ると、Appleはロシア市場から撤退したにもかかわらず前年同期比で出荷台数を伸ばしました。
 
2022Q2のヨーロッパスマートフォン市場のシェア
 
特にiPhone SE(第3世代)の発売の影響が大きいとされ、Appleはシェアを3%ポイント伸ばし24%とし、シェアランキング2位となっています。
 
Samsungはベトナムの工場閉鎖により前年同期の出荷台数が減少したせいもあり、出荷台数を前年同期比で9%伸ばしシェアトップの座を堅持しました。
 
Xiaomiは供給問題で大きく出荷台数を落としましたが、AppleとSamsungがロシア市場から撤退したため東欧市場では出荷台数を大きく伸ばしています。
 
realmeはまだシェアは3%と低いものの、前年同期比21%増と出荷台数2桁増を記録しました。
 
今後の見通しについてCounterpointは、多くの国が景気後退に近づきつつあり、ロシアやウクライナ以外にも国内政治の緊張が高まっている国があることから、回復は長くゆっくりしたものになりそうだとしています。

 
 
Source: Counterpoint
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる