2022Q2の世界のスマホ出荷台数は大幅減〜Appleも出荷台数を落とす

    画面が割れたスマートフォン

    画面が割れたスマートフォン
     
    世界全体での2022年第2四半期(4月〜6月)のスマートフォン出荷台数は前年同期比および前四半期比で大幅減となりました。
     
    Appleはシェアを伸ばしたものの、出荷台数は減少しています。

    前年同期比9%減、前四半期比10%減

    調査会社のCounterpointによると、2022年第2四半期における世界のスマートフォン出荷台数は2億9,500万台でした。
     
    これは前年同期比9%減、前四半期比10%減の台数です。
     
    四半期の出荷台数が3億台を下回ったのは2020年第2四半期以来とされています。
     
    原因としては世界的な経済状況の悪化、ウクライナ情勢、新型コロナウイルスの流行、チップ不足から完全に回復していないことが挙げられています。

    中国メーカーが大きな影響を受ける

    メーカー別では特に中国メーカーが大きな影響を受けました
     
    前年同期比でXiaomiは25%、OPPOは15%、vivoは22%出荷台数を落としています。
     
    2022Q2のスマホ出荷台数とシェア
     
    中国のスマートフォン出荷台数はピークの半分以下に落ち込んでおり、中国市場への依存度が高いこれらのメーカーは大きな影響を受けました。
     
    Appleもシェアを伸ばしたものの、出荷台数を5%減らしています。
     
    Samsungは2021年第2四半期にベトナム工場で生産問題が発生したため出荷台数が少なかったため、上位メーカーのなかでは前年同期比で唯一出荷台数を伸ばしました。
     
    その他のメーカーではHONORが大きく出荷台数を伸ばしたほか、Huaweiも回復の兆しを見せています。

     
     
    Source: Counterpoint
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次