Apple、2022年4月〜6月の業績を発表。日本の売上高は16%減、円安影響 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、2022年4月〜6月の業績を発表。日本の売上高は16%減、円安影響
2022年7月29日 06時38分

読了まで 217

Apple、2022年4月〜6月の業績を発表。日本の売上高は16%減、円安影響

Apple 新宿 ロゴ


 
Appleは現地時間7月28日、2022年度第3四半期(2022年4月〜6月)の業績を発表しました。総売上高は830億ドルで前年同期比2%増でした。iPhone部門、サービス部門の売上高は第3四半期の記録を更新しています。急速な円安の影響で、日本の売上高は15.7%減と大幅に減少しています。

iPhoneの売上高が記録を更新

Apple先日予告していたとおり、現地時間7月28日に2022年度第3四半期の業績を発表しました。
 
2022年度第3四半期における総売上高は829億5,900万ドルで、ロシア情勢や世界的な経済減速のなか前年同期比で2%伸び、4月〜6月期としての記録を更新しています。
 
Appleは、すべての主要製品部門でインストールベースの台数が記録を更新したと発表しています。
 
製品部門別の売上高と前年同期比は、以下のとおりです。iPhoneの売上高は前年比2.8%増、サービス部門は同12.1%増で、ともに4月〜6月期の新記録となりました。
 
サプライチェーンの混乱などの影響を受けたMac、iPad、ウェアラブル部門の売上高は前年同期比減で、とくにMacは10.4%減と2桁の減少となりました。
 

  • iPhone:406億6,500万ドル(2.8%増)
  • Mac:73億8,200万ドル(10.4%減)
  • iPad:72億2,400万ドル(2.0%減)
  • ウェアラブル、ホーム、アクセサリー:80億8,400万ドル(7.9%減)
  • サービス:196億400万ドル(12.1%増)

 
Apple 2022年度第3四半期 業績 製品部門別
 

米州、欧州、アジア太平洋で売上高増

Appleの各地域における売上高と前年同期比は、以下のとおりです。
 
米州、欧州、アジア太平洋で売上高が増加しており、とくにアジア太平洋地域では14.0%と大幅な増加を示しました。
 
一方、中華圏では1.1%の微減となり、日本では急速な円安の進行もあり、15.7%と大幅な減少となりました。なお、円安の影響により、日本ではiPhoneをはじめとする各種製品の販売価格が7月から引き上げられています
 

  • 米州(北米と中南米):374億7,200万ドル(4.5%増)
  • 欧州:192億8,700万ドル(1.8%増)
  • 中華圏:146億400万ドル(1.1%減)
  • 日本:54億4,600万ドル(15.7%減)
  • アジア太平洋:61億5,000万ドル(14.0%増)

 
Apple 2022年度第3四半期 業績 地域別
 
 
Source:Apple
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる