ロシアがトラフィック妨害でAppleサーバーの乗っ取り試みる? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ロシアがトラフィック妨害でAppleサーバーの乗っ取り試みる?
2022年7月29日 00時22分

読了まで 151

ロシアがトラフィック妨害でAppleサーバーの乗っ取り試みる?

Apple Russia


 
ロシアの国営企業が26日〜27日にかけて、Appleのサービスに対して乗っ取り攻撃を試みていたことが分かりました。背後にはロシア政府が存在していると考えられます。

有効性があるかのように装いユーザーを誘導

ウクライナとの戦争に伴い、ロシアにとってAppleは実質的な敵対企業となっています。実際、Apple Storeはオンラインストアか実店舗かを問わずに2022年3月以来休業中で、App Storeでのアプリ内課金もできません。
 
そうした中で、ロシアの国営通信企業Rostelecomが、Appleのサービス乗っ取りを目的としたトラフィックの妨害を12時間に渡って断続的に行っていたことが分かりました。
 
故意なのか設定ミスなのかは不明ですが、RostelecomこそがAppleのサーバーへの有効なアクセス経路であるかのように装い、ユーザーがAppleのサーバーではなく、Rostelecomのサーバーを経由するように仕向けていたとのことです。
 
幸いにも、Appleのエンジニアチームが的確な対策(Rostelecomよりも有効性を証明する)を講じたおかげで、同社のサーバーがダウンすることもありませんでした。

政府が背景にいる可能性

Rostelecomはロシア最大の政府系通信事業者であるため、故意であれば、今回のルート乗っ取り騒動の背景には、同国政府が関与している公算が非常に大きいでしょう。
 
事実、ユーザーの個人情報を抜き取りコントロールするために、政府当局がハッキングを組織する例は、過去にも中国北朝鮮などで確認されています。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる