Facebook、広告収入を動画クリエイターと音楽の権利者で共有する新たな機能を導入 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Facebook、広告収入を動画クリエイターと音楽の権利者で共有する新たな機能を導入
2022年7月26日 11時37分

読了まで 152

Facebook、広告収入を動画クリエイターと音楽の権利者で共有する新たな機能を導入

Music Revenue Sharing


 
Facebookは現地時間7月25日、クリエイターがライセンスされた音楽を動画で使用し、インストリーム広告による収益を得ることができる新しいマネタイズ機能「Music Revenue Sharing」を導入することを発表しました。これにより、クリエイターと音楽の権利所有者の双方が、Facebook上の動画から収益を得ることができるようになります。

「Music Revenue Sharing」の仕組み

Music Revenue Sharing」は、Facebookの著作権を管理するためのツール「Rights Manager」によって提供されます。この機能は音楽業界全体とのパートナーシップにより実現したもので、クリエイター、パートナー、音楽の権利所有者、そしてファンにとって有益なものとなっています。
 
クリエイターは、この機能が導入されることで、これまでできなかったライセンスされた楽曲を使った特定の動画で収益を得られるようになります。
 
Music Revenue Sharing」を利用するには、インストリーム広告の利用が可能で、収益化の資格基準を満たしている必要があります。クリエイターは、対象動画によって生み出された広告収入の20%のレベニューシェアを獲得することができ、残りは音楽の権利所有者とMetaの間で分割されます。また動画の長さは60秒以上で、視覚的な要素があることが条件となり、ライセンスされた音楽そのものが主目的となる動画を投稿することはできません。
 
この機能は、同日より米国内の動画クリエイターを対象にリリースされ、今後、数カ月間で他国にも展開される予定です。
 
 
Source:Meta via 9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる