Samsung、4億5,000万画素イメージセンサー「Hexa²Pixel」を開発か - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Samsung、4億5,000万画素イメージセンサー「Hexa²Pixel」を開発か
2022年7月26日 09時00分

読了まで 26

Samsung、4億5,000万画素イメージセンサー「Hexa²Pixel」を開発か

samsung_50_mp_1_7


 
Samsungが、4億5,000万画素イメージセンサーHexa²Pixel」を開発している可能性があると、Notebookcheckが伝えました。

16個の画素を1つにビニングか

Samsungが新たに登録した商標「Hexa²Pixel」は、4億5,000万画素イメージセンサーのものの可能性があるようです。
 
同社は、2億画素イメージセンサーであるISOCELL HP1ISOCELL HP3を発表済みです。
 
Notebookcheckは、Samsungはピクセルビニングに名称を付加しているとし、Galaxy S22 UltraのISOCELL HM3は、3×3で画素を結合する「Nonapixel RGB Bayer Pattern」を使用していると指摘しています。
 
Leica 20220726
 
同メディアによれば、「Nona」は「Nine」を意味しており、9個の画素を1つにビニングすることにより、1億800万画素のISOCELL HM3では、1,200万画素の画像を出力しています。
 
それと同様に、2億画素イメージセンサーであるISOCELL HP1およびHP3は、「Tetra²pixel RGB Bayer Pattern」という名称で、16個の画素を1つにビニングしています。

命名実績から、新たなイメージセンサーの画素数を推察

こうしたことから、Hexa²Pixelの商標は、36個の画素を1つにビニングすることを示していると、Notebookcheckは推察しています。
 
出力される画像が1,200万画素もしくは1,250万画素と仮定した場合、「Hexa²Pixel」の商標が用いられるイメージセンサーの画素数は、4億3,200万画素もしくは4億5,000万画素の可能性があると同メディアは予想しています。
 


 
 
Source:Notebookcheck, ビニング/Leica
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる