2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さん、巨大iPod nanoとの写真が話題に

    iPod nano(第5世代)

    iPod nano(第5世代)
     
    ヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバーのボーカルを務める鬼龍院翔さんが7月21日、iPod nanoの巨大な模型と撮影した宣材写真を公開し、「懐かしい」と話題になっています。

    iPod nanoとの写真を公開

    ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんは2022年7月21日、iPod nanoの巨大な模型と一緒に写ったアーティスト写真をTwitterで公開しました。
     
    正確な判別は難しいものの、クリックホイールやスクリーンの形状から、2009年9月に発売されたiPod nano(第5世代)または2008年9月に発売されたiPod nano(第4世代)の模型と思われます。
     


     
    iPod nanoシリーズは2017年7月に販売が終了しており、2020年10月には最後のモデルとなったiPod nano(第7世代)が「ビンテージ製品」のリストに加わっています
     
    2022年5月には、AppleがiPod touch(第7世代)の販売を在庫限りで終了すると発表し、初代iPodの発売から約21年で、iPodシリーズの販売が終了しました。
     
    鬼龍院翔さんは「iPod nano1つ持って何処へでも歌いに行きますよ的なiPodざむらい的な写真を撮りたくて」とコメントしています。
     
    ゴールデンボンバーは2009年に発売されたシングル「女々しくて」で一躍話題となりました。鬼龍院さんにとって、同時期に発売されたiPod nano(第4世代~第5世代)は思い入れがあるデバイスなのかもしれません。
     

     
     
    Source:鬼龍院翔(38) / Twitter, ゴールデンボンバー オフィシャルサイト
    Photo:Apple
    (seng)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次