Galaxy Aシリーズのカメラ搭載数を2023年モデルから削減か

    Galaxy A53

    Galaxy A53
     
    韓国メディアThe Elecが、Samsungは2023年モデルのGalaxy Aシリーズから、カメラの搭載個数を削減すると報じました。

    深度測位カメラを搭載せず、コスト削減

    The Elecによれば、2023年モデルのGalaxy Aシリーズから搭載されなくなるのは深度測位カメラになるとのことです。
     
    深度測位カメラを削減する理由についてThe Elecは、ユーザーに利用される機会が少なく、製造コスト抑制にも繋がるためと説明しています。
     
    また、スマホに搭載されているカメラの個数を競い、各社が増やし続けてきたことに辟易しているユーザーもいたと、同メディアは述べています。
     
    結果、2023年モデルのGalaxy Aシリーズのリアカメラの仕様は、以下のようになるとThe Elecが伝えています。
     

    モデル 広角 超広角 マクロ
    Galaxy A24 5,000万画素 800万画素 500万画素
    Galaxy A34 4,800万画素 800万画素 500万画素
    Galaxy A54 5,000万画素 500万画素 500万画素

     
    2022年モデルのGalaxy Aシリーズのリアカメラの仕様は、以下のようになっています。
     

    モデル 広角 超広角 マクロ 深度測位
    Galaxy A23 5,000万画素 500万画素 200万画素 200万画素
    Galaxy A33 4,800万画素 800万画素 500万画素 200万画素
    Galaxy A53 6,400万画素 1,200万画素 500万画素 500万画素

     
     
    Source:The Elec, GSMArena (1), (2), Galaxy A53 5G
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次