水中で操作できるiPhoneのタッチパネルは感圧式に?特許取得 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 水中で操作できるiPhoneのタッチパネルは感圧式に?特許取得
2022年7月18日 14時15分

読了まで 140

水中で操作できるiPhoneのタッチパネルは感圧式に?特許取得

iPhone in water patent 2


 
Appleが2022年6月28日、米国特許商標庁(USPTO)において、iPhoneのディスプレイが濡れた状態でもタッチ操作を可能とするため、感圧式タッチパネルを用いる特許を取得していたことが明らかになりました。

静電容量式ではなく感圧式を採用

Phone Arenaによれば、Appleが取得した特許に記されたデバイスのディスプレイには、静電容量式ではなく感圧式タッチパネルが搭載されています。
 
3D Touchを思い起こさせるこのタッチパネルは、ディスプレイに水滴がついた状態でも静電容量式タッチパネルのように誤動作することもなく、ユーザーの入力操作を認識します。
 
特許には、ディスプレイの濡れ具合に応じて感圧式タッチパネルの感度が変化すると記されています。

水中ではカメラアプリのユーザーインターフェースも変化

特許申請書には、このデバイスの使用が想定される場面として、「乾燥した状態」「濡れた状態」に加え、「水中」の記述もあります。
 
iPhone in water patent
 
本特許についてPatently Appleも報告しており、水中モードではカメラのユーザーインターフェースが変更され、各種ボタンが大型化されるようです。
 
 
Source:USPTO via Phone Arena
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる