Apple Watchでの生体認証実現に繋がるHCSEL搭載特許出願 - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watchでの生体認証実現に繋がるHCSEL搭載特許出願
2022年7月17日 00時00分

読了まで 151

Apple Watchでの生体認証実現に繋がるHCSEL搭載特許出願

Apple Watch Touch ID_03


 
米国特許商標庁(USPTO)が現地時間2022年7月14日、Appleが出願した、Apple Watchのディスプレイ下に水平共振器型面発光レーザー(HCSEL:Horizontal Cavity Surface-Emitting Laser)を搭載し、生体認証に活用する特許を公開しました。

画面下に面発光レーザーを搭載する特許

今回出願された特許に記されたHCSELは、端面発光レーザー(EEL:Edge Emitting Laser)と垂直共振器型面発光レーザー(VCSEL:Vertical Cavity Surface-Emitting Laser)などを組み合わせて、対象とするデバイスに搭載されます。
 
本特許が対象とするデバイスとして、下記図表10AにはiPhoneが、11AにはApple Watchが示されています。
 
Apple Watch VCSEL patent

顔認証や生体認証に活用することが目的

特許には、カメラや入力デバイス(#1016)をHCSELと組み合わせることができると記されています。
 
これにより、HCSELを活用して顔認証や指紋認証、タッチ操作の検知を行うことが想定されています。
 
Appleは、Apple Watchの画面下にカメラを埋め込む特許サイドボタンにTouch IDを搭載する特許も出願済みです。
 
ただし、同様に特許出願済みのiPhone用画面下埋込み型Touch IDが未だ実現していないように、今回の特許もいつ実用化されるのかは不明です。
 
 
Source:USPTO via Patently Apple
Photo:Novabach
(FT729)

カテゴリ : Apple Watch, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる