Windows 12が2024年に登場?開発サイクルが伝統的な3年に戻った可能性 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Windows 12が2024年に登場?開発サイクルが伝統的な3年に戻った可能性
2022年7月15日 08時18分

読了まで 26

Windows 12が2024年に登場?開発サイクルが伝統的な3年に戻った可能性

Windowsのロゴ


 
Microsoftは以前、Windows 10をWindowsの最後のバージョンとしていましたが、それを撤回してWindows 11をリリースしました。
 
さらにWindowsの開発サイクルが伝統的な3年サイクルに戻っており、Windows 12が2024年に登場する可能性があるそうです。

Windows 12が2024年にリリース?

Windows Centralが情報筋から得た情報によると、Windows 12が2024年にリリースされる予定だそうです。
 
Microsoftは2006年のWindows Vista、2009年のWindows 7、2012年のWindows 8、2015年のWindows 10のように、以前は3年サイクルで新しいOSをリリースしていました。
 
しかしながら、Windows 10においてこのサイクルを変え、Windows 10をWindows最後のバージョンとし、最新の機能とセキュリティをWindows 10に提供し続ける方針を発表しました。
 
Microsoftはこの方針を撤回し、2021年6月24日にWindows 11がリリースされています
 
Windows 11についても最後のWindowsというわけではなく、開発サイクルを以前の3年周期に戻してWindows 12を2024年にリリースするようです。

Windows 11への新機能提供はSun Valley 3まで?

この情報が正しいとすると、Windows 11への新機能提供は今年後半に予定されているSun Valley 2(22H2)と来年のSun Valley 3(23H2?)で終わりになるかもしれません。
 
また、Windows 11ではWindows 10に比べて最低システム条件が厳しく設定されましたが、Windows 12においても同様のことがおこなわれる可能性があるでしょう。
 
MicrosoftはWindows Centralの問い合わせに対してコメントを控えており、今のところ真偽は明らかではありません。

 
 
Source: Windows Central
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる