Windows 7/8.1でMicrosoft 365がサポート外に〜来年1月から

Microsoft 365のロゴ

Microsoft 365のロゴ
 
Microsoftが提供するサブスク型サービス「Microsoft 365」において、来年1月からWindows 7や8.1をサポート外にすると同社が発表しました。
 
Word、Excel、PowerPointといったOfficeアプリをMicrosoft 365を利用して使っている方は注意が必要です。

2023年1月10日に3つのOSでMicrosoft 365がサポート外に

Microsoftは同社のコミュニティサイトにおいて、2023年1月10日から3つの古いOSでMicrosoft 365をサポート外にすると発表しました。
 
対象は以下3つのOSです:
 

  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2008 R2

 
Microsoft 365はサブスク型のサービスであり、契約者はWord、Excel、PowerPointなどのOfficeアプリを常に最新の状態で使い続けることができます。
 
2023年1月10日以降はこれら3つのOSにおいて、セキュリティ更新プログラムへのアクセスができなくなるほか、これらのOS上で新規にMicrosoft 365で提供されるアプリをインストールすることもできなくなるとのことです。

Windows 10では2025年10月まで利用可能

Microsoftによると、Windows 10の場合は2025年10月までMicrosoft 365のアプリをサポートするとしています。
 
Windows 11については今のところサポート終了日の告知はありません。
 
買い切り版のOfficeについては、Windows 7の場合はすでにOffice 2013/2016のサポートは打ち切られており、Windows 8.1の場合もこれらのOfficeのサポートは2023年1月までとされています。
 
Office 2019はWindows 7/8.1をそもそもサポートしておらず、Windows 10/11へのサポートは2025年10月までです。

 
 
Source: Microsoft (1), (2) via Neowin
(ハウザー)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

特集

目次