Samsung、SK Hynixなどが2022年第1四半期にスマホメモリ市場を席巻 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Samsung、SK Hynixなどが2022年第1四半期にスマホメモリ市場を席巻
2022年7月12日 01時32分

読了まで 21

Samsung、SK Hynixなどが2022年第1四半期にスマホメモリ市場を席巻

SK Hynix


 
2022年第1四半期(1月〜3月)、韓国Samsung、同じく韓国のSK Hynix、米Micron Technologyが、スマートフォン用メモリ市場で3社合わせて85%の収益シェアを獲得したことがわかりました。Strategy Analyticsによれば、2022年第1四半期の世界でのスマホ用メモリ市場の総売上額は115億ドル(約1兆5,651億円)に達したとのことです。

SamsumgがNANDフラッシュメモリとDRAMメモリチップでトップシェア

スマホ向けNANDフラッシュメモリ市場の全体の利益は、大容量のUFS NANDフラッシュデバイスの出荷が牽引し、2022年1月〜3月期に前年比7%増を記録しました。スマホ向けNANDフラッシュチップ分野では、Samsung39%の収益シェアを獲得し、SK HynixKioxiaがそれぞれ23%20%で続いています。
 
スマホ向けDRAMメモリチップ部門は、サプライチェーンの混乱や季節性により2022年1月〜3月期に前年同期比7%減となっています。同市場シェアでは、Samsung52%を獲得しトップの座についており、SK Hynix25%Micron22%と続いています。

メモリベンダーにとって追い風状態がしばらく続く?

Strategy Analyticsのシニアアナリストのジェフリー・マシューズ氏によると、5Gの勢いがより高い仕様のメモリ製品の出荷を促進し、ミッドレンジ〜ハイエンドスマホのNANDおよびDRAMの含有量の増加につながったとのことです。
 
UFSベースのLPDDR5マルチチップパッケージ(uMCP5)メモリ製品の拡大やLPDDR5X DRAM製品が年内に出てくることが見込まれるため、メモリベンターにとって追い風状態が続くだろう、とStrategy Analyticsの戦略技術実践のバイスプレジデントのスティーブン・エントウィッスル氏は述べています。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:SK Hynix
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる