Google、ChromeブラウザのCPU負荷を削減する機能をテスト中

    Chromeブラウザのロゴ

    Chromeブラウザのロゴ
     
    Webブラウザのなかでトップシェアを誇るChromeブラウザに対し、GoogleがCPU負荷を削減する機能をテストしています。
     
    Quick Intensive Throttling」と呼ばれるこの機能により、Chromeブラウザが消費するCPU時間が10%節約されるそうです。

    積極的にJavaScriptの実行を停止するQuick Intensive Throttling

    この「Quick Intensive Throttling」は、従来のIntensive Wake Up Throttlingをより積極的にしたものです。
     
    Intensive Wake Up ThrottlingはChrome 87で導入された機能で、ユーザーから5分以上見えなくなったタブに対しJavaScriptを5分間に1回以上起動しないようにするものです。
     
    この機能によりGoogleはChromeブラウザのCPU使用率を最大5分の1に削減し、ノートPCやスマートフォンのバッテリー駆動時間を最大1.25倍延ばすことができるとしました。
     
    新しいQuick Intensive Throttlingはより積極的にJavaScriptの実行を停止するもので、ユーザーから10秒間見えなくなったタブのJavaScriptを停止します
     
    Googleによると、従来の5分間という時間は非常に保守的であり、リスクを最小限に抑えるために選ばれたといいます。
     
    Quick Intensive ThrottlingによりChromeブラウザが使用するCPU時間を10%削減できるとのことです。

    CanaryおよびDevでテスト中

    このQuick Intensive Throttlingは現在、Canary版とDev版のChromeブラウザでテストがおこなわれています。
     
    これらのChromeブラウザのアドレスバーに「chrome://flags/#quick-intensive-throttling-after-loading 」を入力し、「Quick intensive throttling after loading」をEnabledにし、ブラウザを再起動することで有効になるとのことです。
     
    ChromeのQuick Intensive Throttling
     
    Quick Intensive Throttlingが安定版のChromeブラウザに実装される時期は不明ですが、Chrome OSにはバージョン105で実装されるとのことで、Chromeブラウザでもバージョン105で利用できるようになるのかもしれません。

     
     
    Source: About Chromebooks via BleepingComputer
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次