中国メーカー、AMDの第1世代Zenシリーズに迫る性能の国産x86チップを開発 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 中国メーカー、AMDの第1世代Zenシリーズに迫る性能の国産x86チップを開発
2022年6月27日 07時58分

読了まで 152

中国メーカー、AMDの第1世代Zenシリーズに迫る性能の国産x86チップを開発

ZhaoxinのKH-4000


 
中国のCPUメーカーであるZhaoxin(兆芯)が開発している、x86アーキテクチャの独自国産チップ「KH-4000」の性能が報告されました。
 
その性能はAMDの第1世代Zenシリーズに迫るものであり、中国のCPU設計技術の向上を感じさせます。

サーバー向けに開発された16コアCPU

このKH-4000は、サーバー市場に向けた16nmプロセスで製造されるCPUです。
 
CPUコアは2.7GHzで動作し、コア数とスレッド数は16コア/16スレッドとなっています。
 
ZhaoxinのKH-4000のCPUコア数など
 
またキャッシュサイズは2次キャッシュが4MB、3次キャッシュが32MBです。
 
コア数は32コアまで増やすことができ、2つのCPUソケットを用意すれば64コアまでサポートされます。

AMD EPYC 7601と同等のシングルコア性能

KH-4000のシングルコア性能は、AMDの第1世代ZenシリーズであるEPYC 7601に迫るものです。
 
Zhaxoin KH-4000とAMD EPYC 7601のSPEC CPU2006の結果
 
KH-4000が2.7GHz動作なのに対しEPYC 7601は3.2GHz動作であり、動作周波数が向上すればKH-4000はEPYC 7601と同等以上の性能を発揮するかもしれません。
 
AMDのZenシリーズはすでに第3世代まで登場しており、KH-4000の性能が最先端CPUと同等ということではありませんが、以前に比べて中国国産CPUの性能がかなり向上していることは間違いなく、Zhaoxinが今後IntelやAMDのライバルとなる可能性も十分あるでしょう。

 
 
Source: MyDrivers via Wccftech
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる