日本のiPhone13は世界最安、iPhone14は2割値上げ?MM総研が発表 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 日本のiPhone13は世界最安、iPhone14は2割値上げ?MM総研が発表
2022年6月16日 00時48分

読了まで 29

日本のiPhone13は世界最安、iPhone14は2割値上げ?MM総研が発表

Apple iPhone 比較


 
世界34の国・地域におけるiPhoneの販売価格を円換算して比較した結果、日本でのiPhone販売価格は世界最安値、との国際価格比較調査の結果をMM総研が公開しました。

世界34の国・地域の販売価格を円換算して比較

MM総研が6月14日に発表した「世界のiPhone販売価格調査(2022年6月)」では、2022年6月時点で、世界34の国・地域におけるAppleオンラインストアでのiPhoneの販売価格(税込)を円換算して比較しています。
 
比較対象としたのは、以下3モデルのiPhoneです。
 

  • iPhone13(128GB):日本での販売価格は98,800円
  • iPhone13 Pro Max(1TB):日本での販売価格は194,800円
  • iPhone SE(第3世代)(64GB):日本での販売価格は57,800円

 
各モデルの日本以外での販売価格平均は、iPhone13が126,433円、iPhone13 Pro Maxが256,813円、iPhone SE(第3世代)が70,609円でした。
 
6月1日時点の為替レートで円換算すると、日本の販売価格は3モデルともに世界最安値となりました。
 
MM総研「世界のiPhone販売価格調査(2022年6月)」
 
また、iPhone13シリーズが発売された2021年9月時点の為替レートで比較すると、iPhone13は2番目、iPhone13 Pro Maxは3番目、iPhone SE(第3世代)は11番目に安く、34の国・地域の中では安く購入できています。

iPhone14シリーズは2割値上げも!?

MM総研は、今秋の発売が予想される次期iPhoneについて、急激に進む円安、部材費や物流費の高騰により、iPhone13シリーズと比べて最大2割の値上げも懸念される、と予測しています。
 
実際、2022年6月に発表されたMacBook AirとMacBook Proは、アメリカでの販売価格は据え置きでしたが日本での販売価格は上昇しており、すでに為替レート変動の影響を受けています。
 
iPhone14シリーズの販売価格は、物価上昇の進むアメリカでの価格変更、各種コストの上昇、そして日本では円安のトリプルパンチとなる可能性もあります。
 
 
Source:MM総研
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる