【独自試算】Apple、iPhoneの現行モデルを値上げする可能性 - iPhone Mania
トップページ > iPhone Mania 独自記事 > 【独自試算】Apple、iPhoneの現行モデルを値上げする可能性
2022年6月11日 17時34分

読了まで 241

【独自試算】Apple、iPhoneの現行モデルを値上げする可能性

iphone13


 
Appleは日本時間6月7日、新型MacBook AirとMacBook Proを発表した一方で、過去モデルのMacBook Air等を値上げしました。今後はiPhone13等の現行のiPhoneシリーズが値上げされる可能性もありそうです。

過去モデルのMacBook Air等が値上げ

Bloombergは6月7日、新しいAppleシリコン「M2」を搭載した新型MacBook Airと13インチMacBook Proが発表された一方で、M1を搭載した過去モデルが値上げされたと報じました。
 
Bloombergによると、M1搭載モデルのMacBook Airは約17%値上げされ134,800円~となりました。また、2021年10月に発表された14インチMacBook Proは約15%値上げされ274,800円~となりました。
 
従来、1ドル109円前後の為替レートで日本での販売価格が設定されていた模様ですが、今回の値上げにより1ドル約125円の為替レートに基づいた価格に変更されています。
 
急激な円安を受けて、Appleが日本での値上げを決定したと推察されます。

現行のiPhoneシリーズが値上げされる可能性

iPhone Maniaで試算したところ、2021年9月に発売されたiPhone13シリーズの為替レートは1ドル約111円〜約112円が採用されており、2022年3月に発売されたiPhone SE(第3世代)の為替レートは1ドル約122.5円となっています。
 
また、iPhone14は米国価格の値上げに加え、円安の影響によりiPhone13シリーズと比べて税込22,000円〜39,000円の値上げになる可能性が指摘されています。
 
記事執筆時点において、AppleはiPhone13iPhone SE(第3世代)等の日本での販売価格を据え置いていますが、1ドル130円以上の円安が進行しており、Appleの日本での収益(ドル換算)は悪影響を受けていると推察されます。
 
2014年11月には、急激に円安になったことを受けてAppleが発売から2カ月でiPhone6/6 Plusを10%近く値上げした事例もあります。
 
2021年9月にiPhone13が発表された際には、いわゆる型落ちモデルとなったiPhone12やiPhone11が値下げされました。
 
しかし、iPhone14発売時には、日本でのiPhone13シリーズの販売価格が据え置かれたり、値上げされたりする可能性がありそうです。
 

1ドル125円で試算

 
現行のiPhoneシリーズのApple Storeでの販売価格を1ドル125円の為替レートで試算した結果は以下の通りです。
 
値上げ試算表
 
試算結果では、iPhone13 Pro Maxが16,000円以上の値上げとなる等、iPhone SE(第3世代)以外は大幅な値上げとなりました。なお、金額は各モデルの最安値を記載しています。
 
急激な円安が継続した場合、2014年のようにAppleが販売価格を突然変更する可能性も否定できず、現行モデルの購入を希望する場合は、家電量販店のiPhoneセール等を利用して、早めに購入することも一案かもしれません。
 
 
Source:Bloomberg, Apple
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる