【レビュー】眠りに特化したワイヤレスイヤホン1MOREの「寝ホン」を1週間試した - iPhone Mania
トップページ > iPhone Mania 独自記事 > 【レビュー】眠りに特化したワイヤレスイヤホン1MOREの「寝ホン」を1週間試した
2022年6月4日 23時42分

読了まで 43

【レビュー】眠りに特化したワイヤレスイヤホン1MOREの「寝ホン」を1週間試した

1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー


 
寝ながら使える「寝ホン」として話題のワイヤレスイヤホン、1MOREの「ComfoBudsZ」をレビューします。気持ち良く眠れるようになるのか、寝ながら着けて耳は痛くならないのか、寝ている間に外れないのかなど、気になる点を1週間使って検証しました。記事にはレビュー用に提供いただいた製品を使用しています。

人気テレビ番組で紹介され話題になった「寝ホン」

1MOREの「ComfoBudsZ」は、寝ながら装着することに特化した「寝ホン」と呼ばれる完全ワイヤレスイヤホンです。2021年9月にはテレビ番組「マツコの知らない世界」でも紹介されて注目を集めました。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
「ComfoBudsZ」には、充電ケースに入ったイヤホン本体、4サイズ(XS/S/M/L)のシリコン製抗菌イヤーチップ、USB-C – USB-Aの充電用ケーブル、携帯用ポーチ、取扱説明書が同梱されています。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
取扱説明書には、日本語の表記もあります。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
充電ケースには、背面のUSB-Cポートにケーブルを接続して充電します。ワイヤレス充電には非対応です。充電ケースの底面はフラットでシリコンシートがついており、安定して立てて置くことができます。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 

耳にすっぽり収まる、小さなイヤホン

「ComfoBudsZ」は、周囲のノイズを打ち消すアクティブノイズキャンセリング機能も通話機能もなく、音楽などを「聴く」専門に割り切ったイヤホンです。
 
イヤホン本体は薄い豆のような形状で、小さく、軽いです。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
イヤホンとしての性格が異なりますが、AirPods Proと並べてみると、小ささが際立ちます。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
「ComfoBudsZ」の重量は片耳2.7グラムで、AirPods Pro(5.4グラム)の半分です。
 
「ComfoBudsZ」を装着すると、耳の穴にスポッとはまり込み、イヤホンが飛び出すことはありません。
 
耳の奥にイヤーピースを深く入れるタイプではないので、装着感は軽めですが、頭を振っても耳から外れることはありません。耳から飛び出さないので、装着したまま着替えても耳から外れませんした。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
なお、AirPods Proを装着した状態はこちらです。耳から飛び出す部分の大きさがだいぶ違うことが分かります。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
「ComfoBudsZ」で音楽やPodcastを聴くと、先日レビューした1MOREのハイエンドモデル「1MORE Evo」のような、音の厚みや迫力を感じるパワフルな音質ではありませんが、寝る前などにリラックスして聴くのに適している印象です。
 
iPhoneとのBluetooth接続は安定しており、iPhoneを寝室に置いたまま自宅マンション内を歩き回っても切断されず、雑音が入ることもありませんでした。

アプリで眠りに誘うサウンドが聴ける

「ComfoBudsZ」は「1MORE MUSIC」アプリと組み合わせて使うと、眠りにつくときに適した、雨、風、炎など単調なサウンドをイヤホン本体に保存して再生できます。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
イヤホンに保存できるサウンドは6種類で、保存された音を削除して空き枠を作ると、ほかのサウンドを保存できるようになります。サウンドは全部で30種類あるので、お気に入りを探すのも楽しいです。「1MORE Evo」で気になった、サウンドの再生が一瞬途切れる問題は発生しませんでした。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
なお、サウンドの再生音量は、アプリの音量調節バーでのみ変更できます。再生時間は、30分〜150分までで、30分刻みで設定可能です。
 
1MORE「ComfoBudsZ」「寝ホン」レビュー
 
なお、「1MORE MUSIC」アプリにはイヤホンの慣らし運転と呼べる、音質を安定させるためのバーンインを簡単に実行できる「スマートバーンイン」機能もついています。
 
アプリでイヤホンのバッテリー残量を確認できます。なお、充電ケースのバッテリー残量はアプリでは確認できず、LEDの色で確認する必要があります。

1週間「寝ホン」をつけて寝てみた

1週間、「ComfoBudsZ」を耳に装着して寝てみました。
 
イヤホンが耳から飛び出さないので、頭を横にして寝てもイヤホンが耳に押し付けられず、耳が痛くなることはありませんでした
 
筆者はLサイズのイヤーピースを装着していましたが、装着感の軽さとイヤーピースの柔らかさのためか、起床時に耳の痛みや疲れを感じることもなく、耳から外れていることもありませんでした
 
アプリでサウンドを再生することで、周囲の騒音が気にならなくなり、眠りに落ちるまでの時間が短くなった気がします。
 
寝る前にイヤホンのバッテリー残量100%の状態で装着し、環境音を30分間再生しながら4時間〜5時間眠って起きると、バッテリーは30%程度まで減っていました。起床時にはBluetoothの接続は切れていました。そのため、iPhoneで設定したアラームがイヤホンから再生されることもありませんでした。
 
なお、机に突っ伏して昼寝をする体勢でも使ってみました。イヤホンが腕に当たらず、アプリのサウンドで周囲の音をマスキングできて気持ちよく昼寝できました

最大4,500円引きのセール中

「ComfoBudsZ」の通常販売価格は9,990円(税込)ですが、2022年6月4日から、Amazon.co.jpと楽天市場の1MORE公式ストアで期間限定の割引セールが実施されています。
 
楽天市場「スーパーSALE」期間中(6月4日〜11日)は、4,500円引きで購入可能です。
 

  • 楽天市場:4,500円引き(6月4日〜6月11日)、4,000円引き(6月12日〜6月30日)
  • Amazon.co.jp:4,000円引き(6月4日〜6月30日)

 
リラックスして眠りにつきたい方は、「ComfoBudsZ」を試してみてはいかがでしょうか。
 
 
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる