Samsung、スマホの生産台数を当初よりも3,000万台引き下げか - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Samsung、スマホの生産台数を当初よりも3,000万台引き下げか
2022年5月30日 00時44分

読了まで 158

Samsung、スマホの生産台数を当初よりも3,000万台引き下げか

Samsung ロゴ


 
スマートフォン市場を取り巻く様々な逆風を受け、Samsungが2022年のスマートフォン生産台数を、当初の予定よりも3,000万台引き下げる方針を固めていることが分かりました。

インドのガラケー市場からも撤退方針

これまでは2022年に3億1,000万台のスマートフォンを生産すると報じられていたSamsungですが、新たに2億8,000万台へと目標を引き下げたことが明らかになりました。
 
背景には、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による世界的な需要の減少、半導体の不足、ロシアとウクライナの戦争といった複数の要因が存在します。
 
またスマートフォンだけでなく、世界最大級の携帯電話市場であるインドでフィーチャーフォン(ガラケー)事業からの撤退も視野に入れているとされています。

逆風はAppleも同じ

Samsungに吹く逆風は、他のスマートフォンメーカーにとっても同じです。
 
影響が比較的軽微とされているAppleも、iPhone SEの生産を20%削減し、今年はiPhoneの生産台数を増やさないと報じられています(ただし、iPhone14はiPhone13よりも出荷台数が増えるといった観測も一部に存在します)。

シェアと生産台数は違う

2022年4月のスマートフォン市場で、Samsungは24%のシェアを獲得しました。このシェアは2017年4月以来の高さで、ミッドレンジの「A〜」シリーズ、ハイエンドモデルのGalaxy Sシリーズ、そして折りたたみスマートフォンと、様々なニーズに応えていることが好調の理由だと考えられています。
 
しかし、これはあくまでもAppleなどのライバルメーカーと奪い合うシェアの話で、販売台数が顕著に増えているわけではない点には注意が必要です。はたしてスマートフォン市場がかつての勢いを取り戻す日は来るのでしょうか。
 
 
Source:CNBC
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる