2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    腕に貼ったパッチで血糖値、飲酒量、乳酸値などをリアルタイム測定

    multi-tasking-microneedle-wearable-1-ucsd

    multi-tasking-microneedle-wearable-1-ucsd
     
    カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究者らが、腕に貼るだけで血糖値、アルコール摂取量、筋肉疲労を示す乳酸値を継続的に測定できる電子デバイスを開発しました。

    上腕部に貼り付けるだけで継続測定

    デバイスは直径24ミリ、厚さ10ミリ程度の大きさで、電子センサーやバッテリー、無線送信機などを内蔵する電子機器ケースとマイクロニードルパッチで構成されています。デバイスはスマホ用のワイヤレス充電器で充電可能です(Qiに対応していると思われます)。
     
    multi-tasking-microneedle-wearable-3-ucsd

     
    シールのように上腕に貼り付けると、マイクロニードルが皮膚表面に刺さる仕組みですが、マイクロニードルは髪の毛の約5分の1の太さしかないため、痛みは感じられません。またニードル部分は使い捨てとなっており、電子ケースから取り外して交換可能です。
     
    multi-tasking-microneedle-wearable-2-ucsd

    結果はスマホでリアルタイムに確認可能

    マイクロニードルの先端には酵素が付着しており、皮膚の下にある細胞を取り囲む間質液内のグルコース、アルコール、乳酸に反応します。この反応により発生した微小電流を電子センサーが分析、その結果をスマートフォンのアプリへとワイヤレスに送信します。ユーザーはスマホアプリで、リアルタイムで結果を確認することができます。
     
    UCSDは協力者5人の上腕部に電子デバイスパッチを装着、エクササイズ、食事、飲酒をしてもらい、グルコース、アルコール、乳酸値の継続的な測定を行いました。電子デバイスパッチで測定した数値は、市販の血糖値測定器、飲酒検知器、研究室で行った血糖乳酸値測定で得られた値とほぼ一致したとのことです。
     

     
     
    Source:UCSD via Notebookcheck
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次