中古スマホ所有率が11.6%に 2020年から約2倍の増加 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 中古スマホ所有率が11.6%に 2020年から約2倍の増加
2022年5月19日 11時30分

読了まで 215

中古スマホ所有率が11.6%に 2020年から約2倍の増加

iPhone


 
MMD研究所は5月19日、「2022年中古スマホに関する調査」の結果を公表しました。中古スマホ所有率は11.6%で、2020年調査時の6.1%から約2倍の増加となっています。
 
調査は、2022年4月21日から4月24日にわたってインターネット上で実施されました。対象者は予備調査がスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女10,000人、本調査が中古スマホを所有している500人です。

中古スマホの所有率が2020年比で5.5ポイントの増加

予備調査において、現在利用しているメイン端末の購入・入手方法を聞いたところ、最も多かったのは「新品のスマートフォン」で84.5%、次いで「中古スマホ(修理・整備品も含む)」が11.6%、「友人・家族からスマートフォンを譲り受けた」が3.3%でした。
 
2020年4月に実施した調査と比較すると、「新品のスマートフォン」が6.5ポイント減となっているのに対して、「中古スマホ」は5.5ポイント増となっていました。
 
中古スマホの所有率が2020年比で5.5ポイントの増加-1
中古スマホの所有率が2020年比で5.5ポイントの増加-2

52.4%は、古い端末を処分せず自宅に保管している

以前メインで利用していた携帯電話・スマートフォンの処分方法については、最も多かったのが「自宅に保管している(52.4%)」、次いで「キャリア下取り(17.3%)」、「携帯電話買取店への売却(7.1%)」でした。
 
52.4%は、古い端末を処分せず自宅に保管している

中古スマホを購入した店舗/サービスサイトのトップは「キャリアのオンラインサイト」

本調査において、中古スマホを所有する500人に中古スマホ(修理・整備も含む)を購入した店舗/サービスサイトを聞いたところ、最も多かったのは「キャリアのオンラインサイト(認定リユース品)」で13.6%、次いで「ハードオフ」が13.2%、「ブックオフ」が11.6%でした。
 
中古スマホを購入した店舗:サービスサイトのトップは「キャリアのオンラインサイト」

中古スマホ購入者の69.8%は「今の端末が初めての中古スマホ」と回答

中古スマホ所有者500人に、中古スマホ(修理・整備も含む)の購入回数を聞いたところ、69.8%が「今の端末が初めての中古スマホ」と回答しました。
 
中古スマホ購入者の69.8%は「今の端末が初めての中古スマホ」と回答-1
 
中古スマホの購入理由については「新品より価格が安いから(36.2%)」が最も多く、他にも「オンラインで購入できるから(13.8%)」「SIMフリー端末が欲しかったから(12.8%)」「欲しい製品が店頭で販売していないから」といった理由も上位に挙げられていました。
 
中古スマホ購入者の69.8%は「今の端末が初めての中古スマホ」と回答-2
 
 
Source:MMD研究所
Photo:photo AC-K-system
(kotobaya)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる