AirTagとGalaxy SmartTag+のUWBチップの比較〜ダイ写真が掲載 - iPhone Mania
トップページ > AirTag > AirTagとGalaxy SmartTag+のUWBチップの比較〜ダイ写真が掲載
2022年5月15日 09時00分

読了まで 215

AirTagとGalaxy SmartTag+のUWBチップの比較〜ダイ写真が掲載

Smarttag+ Airtag uwb_2


 
半導体分析会社TechInsightsが、Galaxy SmartTag+(EI-T7300)とAirTagの超広帯域無線(UWB)チップを比較しています。両モデルに搭載されたUWBチップは、ダイサイズが似ていますが、構成は大きく異なるとTechInsightsは報告しています。

Galaxy SmartTag+のUWBチップ

TechInsightsの今回の報告は、Galaxy SmartTag+に搭載されているUWBチップを中心に取り上げたもので、AirTagの分解レポートは2022年4月に公開済みです。
 

UWBチップの製造元

Galaxy SmartTag+に搭載されているUWBチップは、NXP Semiconductor製のSR040です。同チップは、TSMCの40nm CMOSプロセスで製造されています。
 
Smarttag+ Airtag uwb_1
 

SR040の構成

SR040は、UWBアナログフロントエンド・トランシーバ、複数の電源管理回路、複数のSRAMメモリ、Arm Cortex CPU、複数の汎用入出力ピン(GPIO:General-purpose input/output)で構成されています。
 
Smarttag+ Airtag uwb_2


 

SR040のUWBアナログフロントエンド・トランシーバ

SR040のUWBアナログフロントエンド・トランシーバは、大きく2つにわけることができるとTechInsightsは説明しています。
 
下記画像の上部は高周波(RF:Radio Frequency)と中間周波数(IF:Intermediate Frequency)の位相同期回路(PLL:Phase Locked Loop)、下部は送受信回路です。
 
Smarttag+ Airtag uwb_3
 

Apple U1との比較

TechInsightsは、AirTagのUWBチップであるU1とSR040を比較し、下記の通り報告しています。
 

  • ダイサイズは大きく変わらない
  • 電源回路がダイに占める割合が、U1は4%で、SR040は27%
  • プロセッサとメモリがダイに占める割合が、U1は57%で、SR040は37%
  • どちらもTSMCで製造されている
  • U1は16nmプロセス、13層の配線層で製造されているのに対し、SR040は40nmプロセスで配線層は8層

 
Smarttag+ Airtag uwb_5
 
 
Source:TechInsights, Galaxy SmartTag+/Amazon
(FT729)

カテゴリ : AirTag, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる