iPodからiPhoneへ進化したことを示す貴重なプロトタイプの写真が公開 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPodからiPhoneへ進化したことを示す貴重なプロトタイプの写真が公開
2022年5月10日 14時20分

読了まで 159

iPodからiPhoneへ進化したことを示す貴重なプロトタイプの写真が公開

ipod iphone プロトタイプ


 
デバイスの底部が回転し、クリックホイールが数字キーパッドへと早変わりするプロトタイプデバイスの写真が、iPodの父として知られるトニー・ファデル氏により公開されました。

iPodから携帯電話へ

2007年に初代iPhoneを発表する前に、Appleは複数のプロトタイプを製作したといわれていますが、中にはiPhoneとはかなりデザインが異なるものも存在したようです。
 
今回ファデル氏が公開した画像のプロトタイプは、iPodを携帯電話として使用しようとする意図が見て取れる様相を示しています。

iPodは唯一のApple製モバイルデバイスだった

初代iPhone発売以前、iPodはAppleが販売していた唯一のモバイルデバイスであり、携帯電話を作る際のベースに使用するのは自然な選択肢だったようです。
 
ファデル氏いわく、プロトタイプはサードパーティー企業によって“iPod Phone”開発の一環で作られたとのことです。デバイス底部が回転し、クリックホイールが数字キーパッドへと早変わりします。
 
プロトタイプはカメラも内蔵しています。デバイスの配色がすでに初代iPhoneとかなり似ているのも特筆すべきでしょう。

クリックホイールを入力に使用できると主張したジョブズ氏

Apple共同創業者のスティーブ・ジョブズ氏は、クリックホイールが入力に使えるはずだという強い信念を持っており、ファデル氏らは何週間もクリックホイールを使った入力方法を考えたといいます。チーム全体が無理だと確信した後でも、ジョブズ氏は「がんばれ!」と鼓舞し続けたそうです。
 
結果的に「これはうまくいかない」と全員が同じ結論に達し、大きなタッチスクリーンにほとんど物理的なボタンがない、まったく別のデザインアプローチが取られることになったのです。
 
 
Source:TechCrunch via 9to5Mac
Photo:@bheater/Twitter
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる