2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iOS15.5で再生速度を調整するためのApple Music APIが再導入

    ios15.5

    ios15.5
     
    iOS15.5では、サードパーティーアプリが再生速度を調整するためのApple Music APIが再び導入されることが明らかになりました。

    Appleエンジニアがフォーラムで投稿

    純正Apple Musicアプリには再生速度調整機能はありませんが、Perfect Tempoなどの人気のサードパーティーアプリでは再生速度の調整が可能となっています。
     
    iOS15.4で、AppleはサードパーティーApple Musicプレーヤーが再生速度を調整できるAPIを取り除きました。除去された詳しい理由はわかっていませんが、多くの開発者から不満の声が出ており、Appleエンジニアのジョー・クン氏は、デベロッパフォーラムでAPIの再導入を発表しました。
     

    こんにちは。
     
    サードパーティーアプリケーションでApple Musicのサブスクリプションコンテンツの再生速度を変更できないようにしたことを再評価し、iOS15.4のリリース前と同様に、再び機能を安全に有効化できるという結論に達しました
     
    そのため、この問題はiOS15.5ベータ4で修正されています
     
    お役に立てれば幸いです。
     
    よろしくお願いします。

     
    Appleは今週、iOS15.5のベータ4をリリースしたばかりです。
     
     
    Source:Apple via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次