分解してわかったThunderbolt 4 Proケーブルが高価なワケ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 分解してわかったThunderbolt 4 Proケーブルが高価なワケ
2022年4月23日 14時29分

読了まで 210

分解してわかったThunderbolt 4 Proケーブルが高価なワケ

Thunderbolt 4 Pro


 
Mac StudioとStudio Displayの導入にあわせて密かに発売されたThunderbolt 4 Proケーブルは、短い方の1.8メートルでも14,800円(税込)とかなり高価な設定となっています。充電ケーブルに詳しいYouTubeチャンネルがThunderbolt 4 Proケーブルを分解した結果、なぜそこまで高価なのか、その理由が明らかになりました。

最大40Gb/sのデータ転送、最大100Wの充電に対応

Mac StudioとStudio Display と同時に販売が開始されたThunderbolt 4 Proケーブルの価格(税込)は、1.8メートルが14,800円3メートルが17,800円(現時点では未発売)となっておりかなり高価ですが、USB 4による最大40Gb/sのデータ転送が可能で、最大100Wの充電に対応しています。
 
ChargerLABはThunderbolt 4 Proケーブルの分解を試み、いったいどのようにケーブルが作られているのか、中身の検証を試みました。

分解動画が公開

中を開けてみて、Thunderbolt 4 Proケーブルは同軸ケーブルで、19本の電線を搭載しており、そのうち6本は電源を供給する錫メッキ銅線であることがわかりました。2本の線はUSB2.0の伝送が可能で、Thunderbolt 3、USB 3、USB 2との下位互換性があります。 また、多くの線は銅だけでなく、銀メッキも施されていることが判明しました。
 
コネクター自体にも耐久性の高い真鍮製のハウジングと高級パーツが使用されており、各コネクターには24本の金メッキピンが採用されていることが明らかになりました。
 

一般ユーザーには手に余る代物?

ChargerLABいわく、Thunderbolt 4 Proケーブルは一般ユーザーには高スペックすぎるだろう、とのことです。1.8メートルのThunderbolt 4ケーブルならサードパーティー製でもっと安いものがいくらでもあるからです。
 
ただし、多くのデータを取り扱うクリエイティブ系の人にとっては、同ケーブルは現在市場に出ている中でベストな選択肢だろう、と結論づけています。
 
 
Source:AppleInsider
Photo:ChargerLAB/YouTube
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる