AirPods(第3世代)生産ラインの稼働率がAirPods(第2世代)より低い? - iPhone Mania
トップページ > AirPods > AirPods(第3世代)生産ラインの稼働率がAirPods(第2世代)より低い?
2022年4月10日 23時30分

読了まで 149

AirPods(第3世代)生産ラインの稼働率がAirPods(第2世代)より低い?

AirPods 2 3


 
アナリストのミンチー・クオ氏が、減産されたとするAirPods(第3世代)の生産ラインの稼働状況を、AirPods(第2世代)のそれと比較し報告しました。

当初予定数から30%削減されたと報告

クオ氏は、AirPods(第3世代)の販売状況について、AirPods(第2世代)と併売していることによりユーザーは販売価格の安いAirPods(第2世代)に流れていると報告していました。
 
それに伴い、AirPods(第3世代)の出荷台数は当初予定と比べて30%以上減少するとのことです。

AirPods(第3世代)生産ラインの稼働率がAirPods(第2世代)よりも低い

クオ氏は、AirPods(第3世代)とAirPods(第2世代)の生産ラインの稼働状況に言及、AirPods(第2世代)の生産ラインは担当者が土曜日も残業で勤務しているのに対し、AirPods(第3世代)の生産ラインは祝日と土曜日と連続して稼働を停止したと述べています。
 
クオ氏は、AirPods(第3世代)の販売がAirPods(第2世代)との併売により低迷していることから、今年後半に発売されるAirPods Pro(第2世代)では、現行モデルを併売せず、廃番にすると予想していました。
 


 
 
Source:郭明錤(@mingchikuo)/Twitter
Photo:Apple
(FT729)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる