Appleの過去20年間の成長ぶりがわかる40秒の動画が公開 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Appleの過去20年間の成長ぶりがわかる40秒の動画が公開
2022年4月9日 10時22分

読了まで 156

Appleの過去20年間の成長ぶりがわかる40秒の動画が公開

Statista Racing Bars: Apple's Incredible Growth


 
調査会社Statistaが、2001年から2021年までのAppleの各カテゴリーの売上をまとめた動画をYouTubeで公開しています。
 
たった40秒の短い動画ですが、Appleの主力製品がどのように変化してきたかがよくわかる、興味深い内容になっています。

最初は3カテゴリー

2001年当時、Appleの主力製品はMacで、棒グラフもMac、サービス、その他製品の3カテゴリーとなっています。
 
Statista Racing Bars: Apple's Incredible Growth

 
2001年に発売されたiPodは年々売上を伸ばし、2005年にはMacの売上を上回りますが、2006年には再びMacに逆転されています。
 
Statista Racing Bars: Apple's Incredible Growth

Appleの中心的存在となるiPhone

2007年に登場したiPhoneは、2009年にはAppleの売上を支える中心的な存在になっていったのがわかります。
 

 
そして2010年には初代iPadが発売され、カテゴリーが6つに増えています。
 
Statista Racing Bars: Apple's Incredible Growth
 
動画では2014年にiPodのカテゴリーが消え、iPhoneが圧倒的な存在となっています。

サービスの売上が2位に

2016年になると、売上の柱がiPhoneであることは変わらないものの、サービスの売上がMacを上回り、iPhoneに次ぐ位置を占めています。
 
2016
 
また2020年になると、その他製品カテゴリーの売上が伸び、第3位まで上がっています。ここにはApple TVやApple Watch、AirPodsなどが含まれ、Appleの製品が多様化している様子が反映されています。
 
Statistaの動画は下からご覧ください。
 

 
 
Source:Statista/YouTube via 9to5Mac
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる