Apple、サードパーティーアプリの重要性を強調〜iOSアプリの99.99%が他社製 - iPhone Mania
トップページ > iOS > Apple、サードパーティーアプリの重要性を強調〜iOSアプリの99.99%が他社製
2022年4月8日 19時00分

読了まで 25

Apple、サードパーティーアプリの重要性を強調〜iOSアプリの99.99%が他社製

app store


 
AppleはApp Storeでのサードパーティーアプリに関するデータをNewsroomで共有しました。iOSアプリのほとんどは他社製であり、特定の分野ではユーザーはサードパーティーアプリしか選択肢がない状況となっています。

Apple製アプリの使用率は比較的低め

Appleは現地時間4月7日付けで、Analysis GroupのエコノミストによるApp Storeでのサードパーティーアプリについての報告書の内容をシェアしています。
 
10年以上前にApp Storeのサービスが開始されて以来、Appleが提供するファーストパーティーアプリの数が60本であるのに対して、サードパーティーアプリの数は当初の500本から180万本以上へと増加しました。現在では、iOSアプリの99.99%がサードパーティーデベロッパによって開発されたものとなっています。
 
Analysis Groupの報告書によれば、ソーシャルネットワーキング、マッチングサービス、旅行計画、飲食などのカテゴリでは、100%がサードパーティー製アプリとなっています。
 
また、純正アプリがAppleデバイスにプリインストールされているにも関わらず、ユーザーのファーストパーティーアプリの使用率は比較的低めであるそうです。

アプリ開発に関する数字も発表

Appleはすべてのデベロッパに対して、APIと呼ばれる25万以上のソフトウェア開発の構成要素を含む、多くのツールや中核テクノロジーを利用できるようにしています。
 
デベロッパは40以上のAppleのソフトウェア開発キットにもアクセスでき、機械学習、拡張現実(AR)、その他の最先端テクノロジーのパワーを活用できます。
 
加えてAppleは、Everyone Can Code、App Development in Swift、Swift Playgroundsのようなツールを自由に利用できるようにして次世代のデベロッパに投資しており、2020年だけで200万人近くの学生や教育者がこれらのツールを利用しています。
 
 
Source:Analysis Group via Apple
(lexi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる