Android 13、1つのeSIMチップで複数キャリアの接続をサポート? - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Android 13、1つのeSIMチップで複数キャリアの接続をサポート?
2022年4月4日 09時03分

読了まで 21

Android 13、1つのeSIMチップで複数キャリアの接続をサポート?

eSIMチップの画像


 
スマートフォン内部に格納される形で実装され、物理的なスロットが不要でリモート書き換えが可能なeSIMは日本でも徐々に広がりを見せています。
 
eSIMは通常、1つのキャリアをサポートするために1つのチップを必要としますが、GoogleはAndroid 13において1つのeSIMチップで複数キャリアの接続をサポートする機能を実装するようです。

1つのeSIMチップで複数キャリア接続をサポートする「MEP」

この機能はGoogleが米国特許商標庁(USPTO)に出願したMultiple Enabled Profiles(MEP)と呼ばれる技術に基づいています。
 
MEPの特許の画像
 
通常のeSIMは1つのチップで1つの接続しかサポートできませんが、MEPを使うと1つのeSIMチップで複数接続のサポートが可能です。
 
これによりeSIMチップにかかるコストやスペースを節約でき、バッテリーなどほかの部分を強化することができます

Android 13でサポート?

GoogleはこのMEPを2022年第3四半期(7月~10月)にリリース予定のAndroid 13に実装するとされています。
 
すでにAndroid 13 DP2にはMEPのためのいくつかのAPIが含まれているとのことです。
 
これまでデュアルeSIM接続に対応していなかった端末も、Android 13にアップデートすれば対応できるようになるかもしれません。
 
また、MEPはOSに依存しない技術のため、特許のライセンスを受ければiOS、iPadOS、macOS、Windowsでも利用可能でしょう。
 
QualcommはSIMの機能をプロセッサに内蔵することでeSIMよりもさらに部品点数を少なくできる「iSIM」の実証実験をおこなっており、将来的にはこちらが主流になる可能性もあります。

 
 
Source: Esper, USPTO via PhoneArena
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる