Galaxy Z Fold4が従来型ヒンジを継続採用〜水滴型は採用しない見通し - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Galaxy Z Fold4が従来型ヒンジを継続採用〜水滴型は採用しない見通し
2022年3月23日 22時41分

読了まで 147

Galaxy Z Fold4が従来型ヒンジを継続採用〜水滴型は採用しない見通し

OPPO Find N Hinge


 
韓国メディアET Newsが、SamsungはGalaxy Z Fold4で従来型のヒンジを採用し、OPPO Find Nなどが採用する水滴型ヒンジは採用しないと報じました。

折りたたんだ際のディスプレイ間の隙間に違い

OPPO Find Nが採用する水滴型ヒンジは、スマートフォンを折りたたんだ際にディスプレイがヒンジの内側に入り込むため、隙間なく両側のディスプレイを密着させることが可能です。
 
この機構はヒンジ内部に空間を設けることで、折りたたみ部のディスプレイがそこに入り込み、断面形状が水滴型になる構造です。
 
対して、SamsungがGalaxy Z Fold3に用いているヒンジ(ET NewsはU字型ヒンジと記載)では、両側のディスプレイを密着させることができず、ディスプレイ中央の折りたたみ部も目立ちやすいことが指摘されていました。
 
Galaxy Z Fold4はGalaxy Z Fold3よりも薄くなると噂されていますが、ヒンジが従来型である場合、本体の薄型化だけでこれが成し遂げられるのかもしれません。

OPPO、Huawei、Honorなどが採用する水滴型ヒンジ

水滴型ヒンジに関し、これを搭載するOPPO Find Nのヒンジが、スペインで開催されたMWC 2022において「GLOMO(Global Mobile)アワード」を受賞していました。
 

 
 
Source:ET News
Photo:Sparrows News/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる