アラスカ航空、サンノゼ国際空港で自動チェックイン機に替わりiPad Proを試験導入 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > アラスカ航空、サンノゼ国際空港で自動チェックイン機に替わりiPad Proを試験導入
2022年3月22日 10時39分

読了まで 146

アラスカ航空、サンノゼ国際空港で自動チェックイン機に替わりiPad Proを試験導入

iPad Pro


 
アラスカ航空は、米カリフォルニア州のサンノゼ国際空港において、搭乗手続きの迅速化を目的に、自動チェックイン機の替わりとしてiPad Proを試験的に導入しました。

自動チェックイン機の替わりにiPad Proを試験導入

現在、自動チェックイン機の替わりとしてロビーのテーブルにiPad Proが設置されています。また、セルフサービスによる手荷物預け入れシステムも試験的に導入されているとのことです。さらに搭乗ゲートでは、パスポートや搭乗券を提示することなく顔認証だけで通過できるようになっています。
 
アラスカ航空は、航空業界では最も早く新しいテクノロジーを採用した企業の1つです。1999年には、同社の乗客の1人がインターネットで搭乗手続きを行った最初の人物となりました。また、2011年には、フライトマニュアルをiPadに置き換えています。
 
同社のマーチャンダイジング及びイノベーション担当上級副社長のチャル・ジェイン氏は、サンノゼ国際空港でテスト導入されている技術を本格的に展開するには2年から3年かかると予想しています。ただし、アラスカ航空は他の航空会社と自動チェックイン機を共有することがあるため、全ての空港においてiPadが導入されるわけではありません。サンノゼ国際空港で行われているテストは今のところ全て順調で、ジェイン氏によると、iPad Proは「空港の環境にとてもよく適応している」とのことです。
 
 
Source:Fast Company via 9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる