Windows 11のシェア、約20%に達するも普及速度は遅い

    Windows 11のロゴ

    Windows 11のロゴ
     
    Microsoftの最新OS、Windows 11の普及率が約20%に達しました
     
    その普及スピードはWindows 10に比べて遅いようです。

    約5台に1台のPCがWindows 11を利用

    AdDuplexの調査によると、Windows 10とWindows 11の利用率を比較したところ、Windows 11のシェアが2022年2月に19.3%に達しました
     
    Windows 10/11のシェアの画像
    これにInsider版Windows 11のシェア(0.3%)を足すと19.6%になり、ほぼ5台に1台のWindows 10/11搭載PCがWindows 11を利用しているという計算になります。
     
    Windows 11のシェアは2022年1月(16.1%)に対して1カ月で20%近く伸びました。
     
    このままの勢いでWindows 11のシェアが伸びれば、3月には通常版のWindows 11だけでシェアが20%に達するかもしれません。

    Windows 11の普及速度は遅い

    一方でWindows 11の普及速度は過去のWindows 10に比べて遅いといいます。
     
    Windows 10/11の普及速度
     
    マイナーバージョンアップデートとメジャーバージョンアップデートの違いはあるものの、Windows 11は過去のWindows 10のリリースと比べてグラフの立ち上がりが緩やかです。
     
    Windows 11には厳しい最小システム要件が設定されており、そのためにバージョンアップが妨げられているのかもしれません。
     
    Windows 11については今後Androidアプリが利用できるようになる予定であり、魅力的なアプリを揃えられれば普及に弾みが付くでしょう。

     
     
    Source: AdDupluex via Neowin
    (ハウザー)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次