Windows 10/11に個人データを消そうとしても消えない不具合が見つかる - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Windows 10/11に個人データを消そうとしても消えない不具合が見つかる
2022年2月26日 08時39分

読了まで 214

Windows 10/11に個人データを消そうとしても消えない不具合が見つかる

Windowsのロゴの画像


 
パソコンを買い取りに出したり他の人に譲ったりする際は、個人データを削除した上で手放すことが推奨されます。
 
しかしながら、Windows 10/11OSの初期化とともに個人データを消そうとしても消えないことがある不具合が見つかりました

「このPCをリセット」から「すべて削除する」を選んでも個人用ファイルが消えない

この不具合はWindows 10/11「このPCをリセット」から「すべて削除する」を選んでも個人用ファイルが消えないというものです。
 
「このPCをリセット」はOSを再インストールするためのものであり、オプションとして「すべて削除する」を選ぶことで本来は個人用ファイル、アプリ、設定をすべて削除できます。
 
しかしながら、Microsoftの発表によると「OneDrive」や「OneDrive for Business」に保存したデータがローカルにダウンロードあるいは同期されて保存されている場合、そのファイルが消えないことがあるそうです。
 
この問題は「このPCをリセット」のほか、遠隔消去(リモートワイプ)でも発生します。
 
この不具合を持つWindows 10/11のバージョンは以下です。サーバー用のWindowsは含まれていません。
 

  • Windows 11 21H2
  • Windows 10 21H2
  • Windows 10 21H1
  • Windows 10 20H2

OS初期化前にOneDriveからのサインアウトかMicrosoftアカウントのリンクの解除を推奨

この問題を回避し正しく個人ファイルを削除するには、OS初期化前にOneDriveからサインアウトするか、Microsoftアカウントのリンクを解除することが推奨されています。
 
Microsoftアカウントのリンクを解除するには、OneDriveの設定から「アカウント」タブの「このPCのリンク解除」をクリックします。
 
すでにOSを初期化したデバイスに関しては、設定アプリの「システム」→「記憶域」にある「ストレージ センサー」を使ってWindows.oldフォルダーを削除することで影響を軽減できるとのことです。
 
Microsoftは根本的な不具合修正にも取り組んでいますが、今のところ修正時期は発表されていません。

 
 
Source: Microsoft via Neowin
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる