iPhoneのFace ID用カメラ、本体交換不要で修理可能に

    iPhone13

    iPhone13
     
    iPhoneのFace IDに用いられるTrueDepthカメラの修理が、iPhone全体を交換しなくても可能になることが、Appleの内部文書から判明したと報じられています。現在はiPhoneの本体交換が必要です。

    iPhone本体の交換不要で修理可能に

    Apple StoreやApple正規サービスプロバイダで、TrueDepthカメラの交換用パーツを使った修理が近日中に可能になり、iPhone本体の交換が不要になることが分かった、とAppleの内部文書を信頼できる情報筋から入手したMacRumorsが報じています。
     
    対応するのはiPhone XS以降のモデルで、理由は不明ですが最初にFace IDを搭載したiPhone Xは対象外となっています。
     
    Apple Storeや正規サービスプロバイダには、近々診断ツールや修理マニュアルなどがAppleから提供されると考えられます。

    修理費用の詳細は不明

    ユーザーとしては、Face IDの修理に本体交換が不要になることで、修理費用が安くなることを期待したいところですが、Appleの内部文書に修理費用の詳細については記載されていません。
     
    なお、Appleは、iPhoneの背面ガラスが割れた場合でも本体交換不要で修理できる「iPhoneリアシステム」を2021年2月にはiPhone12とiPhone12 miniに、続いて3月にはiPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxに導入しています。
     
     
    Source:MacRumors
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次