Apple、2021年の米市場でMacが好調もiPadは出荷台数大幅減 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、2021年の米市場でMacが好調もiPadは出荷台数大幅減
2022年2月25日 08時15分

読了まで 28

Apple、2021年の米市場でMacが好調もiPadは出荷台数大幅減

iPadの画像


 
2021年のアメリカにおけるPC/タブレットの出荷台数の統計が発表されました。
 
AppleはMacが好調だったものの、iPadの出荷台数が前年比で大幅に減少しています。

iPadの出荷台数が17%減

調査会社のCanalysによると、2021年のアメリカタブレット市場においてAppleは1,910万台のiPadを出荷しました。
 
iPadは42.1%のシェアで首位を保ったものの、出荷台数は2020年の2,310万台に比べて17.3%減少しています。
 
2021年のアメリカタブレット市場の統計
 
世界的な半導体不足によりAppleはiPadよりもiPhoneの製造を優先しており、たとえばこの記事執筆時点でApple Storeに注文した場合、第9世代iPad 64GB Wi-Fiモデル(スペースグレイ)の配送予定日は1カ月以上先といまだに非常に長い納期になっています。
 
iPadの需要が減ったというよりは供給台数が足りないのが実情かもしれません。

Macの出荷台数は12%増

一方、2021年のアメリカPC市場においてMacの出荷台数は1,000万台と、前年の890万台から12%伸びました
 
2021年のアメリPC市場の統計
 
Appleの成長率は市場平均の8.4%を上回り、上位5社のなかで最高です。

Chromebook、昨年の反動で出荷台数が大幅減

2021年第4四半期(10月~12月)のノートPC市場は、対前年同期比で出荷台数が24%減少しました。これはChromebookの不調が原因で、Chromebookは前年同期比で73%出荷台数が減少したといいます。
 
これは新型コロナウイルスの影響で前年に教育市場向けにChromebookの出荷台数が大幅に伸びた反動です。
 
今後は教育市場がChromebookの買い換えをおこなったり、デジタル教育を支援するための緊急接続基金(Emergency Connectivity Fund: ECF)を活用したりすることでChromebookの出荷台数が再び伸びるとみられます。
 
また、Chromebookのゲーム市場への進出も近いとみられています。

 
 
Source: Canalys via 9to5Mac
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる