Apple Watch装着で運動量が35%増えると保険会社が発表も疑問が残る - iPhone Mania
トップページ > Apple Watch > Apple Watch装着で運動量が35%増えると保険会社が発表も疑問が残る
2022年2月16日 08時49分

読了まで 20

Apple Watch装着で運動量が35%増えると保険会社が発表も疑問が残る

Apple Watchの画像


 
保険会社のAIAオーストラリアが、Apple Watchを付けると平均35%、50代以上では51%運動量が増加するという調査結果を発表しました。
 
しかしながらこれはキャンペーンの一環としておこなわれたものであり、純粋にApple Watchによる効果なのかについては疑問が残ります

Apple Watch装着で平均35%運動量が増加

AIAオーストラリアは、AIAの正会員であり「AIA Vitalityプログラム」に参加した1,198を対象に、Apple Watchを装着することによる運動量変化の調査をおこないました
 
それによると、Apple Watchを装着した人々は平均で35%運動量が増加したとのことです。
 
保険会社によるApple Watch装着者の運動量増加量
 
なかでも50代以上の人々は、平均で運動量が51%増えています。
 
データにはApple Watchがこのプログラムに導入される前の2019年のデータも併記されており、Apple Watchの導入により運動量が増加したことが見て取れます。

Apple Watchを無料で入手するために頑張った?

ただし、この結果が純粋にApple Watchを装着した効果によるものかについては疑問の余地があります
 
AIAのVitalityプログラムは、設定された健康目標を達成し続けるとApple Watchを割引価格あるいは無料で入手できるというものであり、人々ができるだけApple Watchを安く手に入れるために頑張って運動した可能性もあるでしょう。
 
もちろん、Apple Watchで利用できる機能やアプリによって運動量が増えた分もあるかもしれません。
 
また、どのような効果や目的にせよ、運動量が増えることによって健康になるのであればそれに越したことはありません。

 
 
Source: AIA Australia via iMore, AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる