Windows 11のRAM消費量を減らすなら2つの新機能を無効にすべき~元社員語る - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Windows 11のRAM消費量を減らすなら2つの新機能を無効にすべき~元社員語る
2022年2月5日 08時23分

読了まで 158

Windows 11のRAM消費量を減らすなら2つの新機能を無効にすべき~元社員語る

Windows 11搭載パソコンの画像


 
Microsoftの最新OSであるWindows 11には新機能が多数搭載されています。
 
しかしながら、そのなかにはデフォルトで有効かつRAMを大量に消費するものがあり、使っていないなら無効にすべきだとMicrosoftの元社員が語りました。

TeamsアプリがWebView2プロセスを起動しRAMを大量消費することがある

Microsoftの元社員であるマイケル・ニーハウス氏が無効にすべきとする1つ目の新機能はTeamsアプリです。
 
Windows 11ではTeamsアプリがより深くOSに統合され、デフォルトでOS起動時にTeamsアプリが立ち上がるようになっています。
 
しかしながら、Teamsアプリを立ち上げるとバックグラウンドでMicrosoft EdgeのWebView2プロセスが起動し、RAMを大量に消費することがあるそうです。
 
TeamsアプリがOSのスタートアップ時に立ち上がらないようにするには、設定アプリからアプリ→スタートアップをクリックし、「Microsoft Teams」をオフにします。
 
このとき、ほかにも余分なアプリが自動的に立ち上げられていないかチェックすると良いでしょう。

ウィジェットも使わないならタスクバーから消した方が良い

もう1つの新機能はウィジェットです。
 
こちらもWebView2のプロセスを生成するため、ニーハウス氏はタスクバーから削除することを推奨しています。
 
ただし、こちらはアイコンをクリックしてウィジェットを閲覧しない限りWebView2プロセスが生成されることはないそうです。
 
タスクバーからウィジェットのアイコンを削除するには、設定アプリから個人用設定→タスクバーをクリックし、「ウィジェット」をオフにします。

 
 
Source: Windows Latest
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる