経営不振のPeloton、大口投資家からAppleに売却すべきとの要求も - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 経営不振のPeloton、大口投資家からAppleに売却すべきとの要求も
2022年1月25日 02時17分

読了まで 211

経営不振のPeloton、大口投資家からAppleに売却すべきとの要求も

peloton


 
経営が危ぶまれる大手オンラインフィットネス企業Pelotonについて、同社の株を持つ投資家が売却先にAppleの名前を挙げています。

物言う投資家がAppleの名を挙げる

先日もPelotonをAppleが買収するのではないかとの観測が出たばかりです。AppleはPelotonと競合するサービスApple Fitness+を展開していますし、フィットネスとApple Watchとの相性は抜群だからです。
 
しかし今回は、Pelotonの株主から同様の指摘が投げかけられました。同社の株を5%近く有する投資家集団のBlackwells Capitalは、取締役会でジョン・フォーリー最高経営責任者(CEO)の解任と企業の売却を要求、AppleやDisney、Nikeといった企業への身売りを検討するべきだとしました。
 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で巣ごもり消費が加速した状況下において、自宅でフィットネスジムと同じ体験ができることが強みのPelotonは、業績を大きく伸ばすチャンスでした。ところが、Pelotonの株価は最高値から80%以上下落、先日もエアロバイクやトレッドミルの量産を最大6カ月停止すると報じられるなど、逆に経営危機に直面しています。

Pelotonの強みと弱みはなにか

投資家が向けるAppleへの期待をどう解釈すれば良いのでしょうか。
 
ニュースサイト9to5Macは、AppleがPelotonの買収に価値を見出すかどうかだとし、サブスクリプションの解約率が極めて低い点は強みになる一方で、ハードウェア量産の不安定さや、搭載OSがAndroidベースであることを課題として挙げています。後者については、ハードウェアとソフトウェアの連携はAppleが得意とするところであり、OSの変更で現状の課題を解決できる可能性は高いでしょう。
 
さらなる問題は、トレッドミルが原因で子供が死亡する事故が起きた際、Pelotonが米国消費者製品安全委員会(CPSC)と対決姿勢を明らかにしていることです。すでに規制当局を始めとした省庁から目をつけられているAppleにとって、このようなトラブルを引き継ぐのは「魅力的でない買い物になる可能性がある」と、9to5Macは指摘しています。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Peloton
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる