トップページ > iOS > iMessageで「開封証明を送信」をオフにしても相手に既読がわかってしまうバグ報告
2022年1月7日 18時00分

読了まで 140

iMessageで「開封証明を送信」をオフにしても相手に既読がわかってしまうバグ報告

メッセージアプリ アイコン


 
Macworldが、iOS15およびiPadOS15においてiMessageの「開封証明を送信」をオフにしても、メッセージ送信元に開封済みなのがわかってしまう不具合があると伝えました。

オフにしても、送信元に「開封済み」と表示

Macworldによれば、この不具合は多数のユーザーから報告されていますが、iOS15およびiPadOS15が動作しているiPhoneとiPadを再起動したら一時的に不具合が解消されたユーザーもいるとのことです。
 
今回の不具合により、ユーザーは開封済みかどうかをメッセージの送信元に通知しないようにしているにも関わらず、設定が反映されないことで相手にわかってしまうとMacworldは報告しています。
 
iMessage 220107

同じApple IDでiCloudにログインしているデバイスで同期

iMessageの「開封証明を送信」の設定は、iCloudにログインしているApple IDが同じであれば、iPhone、iPad、Mac、全てのデバイスで同期します。
 
iPhoneとiPadの場合、「設定」アプリの「メッセージ」内の、「開封証明を送信」のトグルスイッチにてオンにするかオフにするかを選択します。
 
iMessage bug
 
 
Source:Macworld
(FT729)

カテゴリ : iOS, iPad, 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる