トップページ > おすすめアプリ > iPhoneをWebカメラとして簡単に使う方法〜3つのアプリ
2022年1月3日 12時01分

読了まで 213

iPhoneをWebカメラとして簡単に使う方法〜3つのアプリ

iphone13 mini


 
2020年以前は馴染みがなかった人も多かったビデオ会議ですが、パンデミック以降生活の重要な位置を占めるようになりました。パソコンのWebカメラでは画質が制限されますが、スマホをうまく活用すればクオリティを格段に向上させることができます。

専用アプリのみでスマホが高画質Webカメラに

スマホのカメラをWebカメラに変えるには、専用アプリを使用します。ラジオ番組をホストするキム・コマンド氏のWebメディアが、おすすめアプリを紹介しています。
 

Camo

camoCamo – MacおよびPC用のWebカメラ
カテゴリ:ユーティリティ
現在の価格:無料

※アプリの金額については記事執筆時の価格を記載しております。インストール前に、「App Store」での表示価格をご確認いただきますようお願いします。
 

Camoを使ってiPhoneの高性能なカメラをプロ品質のWebカメラに変え、次のビデオ通話、ライブ配信、オンラインイベントで目立ちましょう。
 
iPhone、iPad、iPod Touchのカメラは、どのWebカメラよりも優れています。 1,500ドルのデジタル一眼レフカメラをコンピュータに接続しない限り、その品質に勝ることはできないでしょう。 Camoを使えば、追加のハードウェアやドライバーは必要ありません。

 

EpocCam Webcamera for Computer

 

ビジネス、オンライン授業、ライブ配信、その他に最適なEpocCamは、人気の高い、よく使われているビデオ会議や配信ソフトウェアとシームレスに動作します。USB経由で接続することはもちろん、Wi-Fi経由でカメラ映像をコンピューターにストリームできるので、ローカルネットワーク内なら配信中、どこにでも自由に動き回ることができます。

 

DroidCam Webcam & OBS Camera

 

DroidCam PC Clientをインストールすることで、パソコン上で「DroidCam Webcam」を使って音声や画像を含めたチャットを行うことができます。
 
PCクライアントはWindowsとLinuxシステムで利用可能で、Zoom、MS Teams、Skype、その他ほとんどのプログラムと連動しています。

 
 
Source:Kim Komando
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる