トップページ > HomePod > Apple、スマートスピーカー市場でシェアがほぼ倍増~HomePod miniの効果
2021年12月21日 08時56分

読了まで 24

Apple、スマートスピーカー市場でシェアがほぼ倍増~HomePod miniの効果

HomePod miniの画像


 
2021年第3四半期(7月~9月)のスマートスピーカー市場のシェアが発表され、Appleが前年同期比でシェアをほぼ倍増させました。
 
HomePod miniの発売による効果とみられます。

Appleのスマートスピーカー市場におけるシェアがほぼ倍増

調査会社のStrategy Analyticsによると、2021年第3四半期のAppleのスマートスピーカー市場におけるシェアは10.2%でした。
 
2021年第3四半期のスマートスピーカー市場のシェア
 
Appleは出荷台数を前年同期の210万台から400万台に増やし、シェアをほぼ倍増させています。
 
これは昨年10月に発表されたHomePod miniによる効果とみられ、HomePodが製造中止となり1モデルのみの販売になったにもかかわらず、シェアランキング4位に入りました。
 
HomePod miniはGoogle Nest Miniに次いで2番目に売れたスマートスピーカーであり、第4世代Amazon Echo Dotの出荷台数を上回ったとのことです。
 
AppleはHomePod miniの新しいカラーバリエーションを2021年11月2日に発売しました。

Appleがスマートスピーカー機能付きApple TVやスマートディスプレイを計画中?

スマートスピーカー市場首位のAmazonが2021年第3四半期に26.4%のシェアを持っているのに比べると、Appleのシェアはまだまだ低いといわざるを得ません。
 
この遅れを挽回すべく、Appleはマイクとスピーカーを内蔵したスマートスピーカー機能付きApple TVや、タッチディスプレイを備えたスマートディスプレイを計画しているという噂もあります。
 
ただ、この市場全体が部品不足と物流の問題を抱えており、スマートスピーカー市場の成長が新型コロナウイルス流行前の水準に戻るのは2023年以降になりそうだとStrategy Analyticsは考えています。

 
 
Source: Strategy Analytics via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる