Swift Playground 4がリリース、iPadでアプリ制作が可能に - iPhone Mania
トップページ > iPad > Swift Playground 4がリリース、iPadでアプリ制作が可能に
2021年12月16日 04時49分

読了まで 21

Swift Playground 4がリリース、iPadでアプリ制作が可能に

swift playground 4


 
iOS15.2の正式版が公開されましたが、長く待たれていたSwift Playgroundのアップデートがリリースされました。iPad上でアプリ制作を行うことができるようになりました。

iPadで、SwiftUIを使ってiPhoneやiPadアプリが制作可能に

iPadから直接App Storeにアプリを提出できるようになる新機能が推しのSwift Playground 4は、今年6月にWWDC 2021で発表されました。
 
Swift Playgroundとは、Swiftをインタラクティブに楽しく学べる画期的なアプリで、iPad用とMac用があります。Swiftを使ってパズルを解きながら、コードの基本をマスターできます。Swiftとは、Appleが作ったパワフルなプログラミング言語のことです。
 
Swift Playgrounds 4の新機能は、下記のとおりです。
 

  • iPadで、SwiftUIを使ってiPhoneやiPadのAppを作ることができます(iPadOS15.2以降が必要)
  • App Store Connectと統合することで、完成したAppをApp Storeにアップロードできます
  • Appに変更を加えると、Appのプレビューにアップデート内容がライブ表示されます
  • フルスクリーンのプレビューでは、Appが隅から隅まで表示されます
  • コード行内に入力候補が表示されるので、コードを素早く正確に入力できます
  • Appプロジェクトにより、プロジェクトをXcodeに簡単に移動し、また戻すことができます
  • プロジェクト全体の検索により、複数のファイルからの結果を表示できます
  • “スニペット”ライブラリでは、SwiftUIが提供するさまざまなコントロール、記号、色を利用できます
  • Swiftパッケージに対応したことで、公開されているコードを再利用してAppの機能を拡張することができます

 
 
Source:Apple [1], [2] via 9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる