トップページ > 最新情報 > 2021年のアプリへの消費、前年より約20%増加~非ゲームではTikTokが稼ぎ頭
2021年12月9日 10時21分

読了まで 154

2021年のアプリへの消費、前年より約20%増加~非ゲームではTikTokが稼ぎ頭

App Storeのロゴ


 
調査会社のSensor Towerが2021年のアプリ市場に関する統計を発表しました。
 
2021年のアプリへの支出は2020年よりも約20%増加し、非ゲームアプリの稼ぎ頭はTikTokであったとのことです。

前年よりアプリへの支出が19.7%増加

Sensor Towerによると、2021年におけるアプリへの支出は、App Storeで815億ドル(約9兆2,738億円)、Google Playで479億ドル(約5兆4,505億円)でした。
 
2021年のアプリへの支出
 
これはそれぞれ前年比で17.7%/23.5%の増加であり、トータルでは19.7%の増加となっています。
 
App Storeの売上げはGoogle Playの約1.8倍で、依然として大きな差があります。

非ゲームアプリの売上げトップはTikTok

個別アプリに目を向けると、最も収益を上げた非ゲームアプリはTikTokでした。
 
非ゲームアプリの売上げランキング
 
TikTokの人気は上昇しており、2020年の12億ドル(約1,366億円)から2021年には20億ドル(約2,276億円)と、67%の収益増加を記録しました。

ゲームアプリによる収益の割合はGoogle Playの方が高い

一方、ゲームアプリについても前年比12.6%と高い成長が記録されました。
 
2021年のゲームアプリの売上げ
 
興味深いことに、App Storeにおけるゲームアプリの収益が全体に占める割合は61.5%なのに対し、Google Playでは78%であったとのことです。
 
最も収益を上げたゲームアプリはPUBG Mobileでした。

 
 
Source: Sensor Tower via AppleInsider
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる