トップページ > 最新情報 > 日本郵便、LINEで完結する「デジタル年賀状」サービスを発表
2021年12月9日 12時00分

読了まで 156

日本郵便、LINEで完結する「デジタル年賀状」サービスを発表

スマートねんが


 
日本郵政グループの日本郵便は12月8日、LINE上で完結する年賀状サービスを開始すると発表しました。原則年賀はがきを郵送することなく、送付先のLINEトーク画面にデジタル版の年賀状を届けるサービスです。

LINE版年賀状

スマートねんが1
 
日本郵便は12月8日、LINE上でデジタル版年賀状を作成、送信する「スマートねんが」サービスを提供開始すると発表しました。
 
LINEアプリを利用して年賀状画像を作成し、LINEの友だちのトーク画面に送付するサービスで、日本郵便は「DX 時代の新しい年賀状のかたち」だとコメントしています。
 
スマートねんがでは、写真や動画、エフェクト付きテンプレート等を使ってデザインし、LINEの友だちのトーク画面に送信することができます。

プラン料金など

デジタル年賀状の作成および送信には日本郵便が提供する「年賀パック」を購入する必要があり、価格によって利用できるテンプレートが異なります。年賀パックの種類と税込価格は以下の通りです。
 

  • プレミアムパック(テンプレート30種類):500円
  • ベーシックパック(テンプレート20種類):300円
  • トライアルパック(テンプレート5種類):200円

 
なお、スマートねんがを利用するためには「スマートねんがLINE公式アカウント」をLINEで友だち追加することが必要です。
 
スマートねんが機能で作成したデザインに基づき、実際の年賀状に印刷し、紙版の年賀状を送付することも可能で、1枚あたりの印刷・投かん料金は230円(税込)です。
 
日本郵便は公式YouTubeアカウントにおいて、スマートねんがのコンセプト動画を公開しています。
 

 

 
 
Source:日本郵便(PDF)
(seng)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる