トップページ > 最新情報 > Samsung、2022年にスマートフォン市場で21.9%のシェアを目指す
2021年11月30日 23時30分

読了まで 145

Samsung、2022年にスマートフォン市場で21.9%のシェアを目指す

Galaxy Z Fold4 and S22 ultra


 
韓国メディアThe Elecが、Samsungは2022年にスマートフォン市場において21.9%の市場シェアを獲得することを目指していると報じました。

2021年よりも2.9%高いシェアを目指す

Samsungは、2022年通年での市場シェア21.9%を達成するために、合計15億2,000万台のスマートフォンの販売を目指しています。この台数は、2021年の同社の販売予測台数と比べて7.6%増になります。
 
2022年の販売台数が大きく伸びる理由としてSamsungは、新型コロナウイルス感染症の影響が緩和され、消費者の購買意欲が高まっていることと、多くのユーザーがスマートフォンの買い替え時期を迎えることを挙げています。
 
Samsungが2022年に市場シェア21.9%を達成した場合、2021年の市場シェア(現状の推移での予想)よりも2.9%高いシェアを獲得することになります。
 
Samsung独自の調査では、同社の市場シェアは2019年に20.9%、2020年は19.6%、そして2021年は19%になると予測しています。

2022年に52機種のスマートフォンを発売する見通し

Samsungは2022年に、Galaxy Z Fold4やGalaxy Z Flip4など、合計52機種のスマートフォンを発売するとみられています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Tech Chat/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる