トップページ > 最新情報 > Twitter創業者ジャック・ドーシー氏、CEOを退任
2021年11月30日 02時49分

読了まで 147

Twitter創業者ジャック・ドーシー氏、CEOを退任

パラグ・アグラワル


 
Twitterの共同創業者で、最高経営責任者(CEO)を務めていたジャック・ドーシー氏が、現地時間11月29日にCEO辞任を発表しました。

TwitterとSquareのCEOを兼任

ドーシー氏は2006年にObvious(現Twitter)を設立したのち、2009年にはデジタル決済サービスのSquareを創業。一旦はTwitterを去りましたが後に復職、2015年からは両社のCEOを兼任していました。
 
パラグ・アグラワル最高技術責任者(CTO)(トップ画像)が、Twitterの新たなCEOに就任します。
 
アグラワル氏はTwitterに約10年勤務しており、2017年からCTOの職にありました。ドーシー氏は2022年の株式総会までは、取締役会のメンバーを務めます。

今こそ私が去るべきとき

ドーシー氏はこのタイミングでの辞任について、「会社を創業者が率いることの重要性はよく語られるが、それは会社に制限を課すことであり、失敗の理由ともなる」とし「今こそ私が去るべきときだと決心した」と、自らのTwitterに投稿しています。
 

 
 
Source:CNBC, jack/Twitter
Photo:@18soby/Twitter
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる