2021年11月29日 05時16分

読了まで 146

カリフォルニアのApple Storeで2万ドル相当の製品が強盗に奪われる

サンタローザプラザ apple store 強盗


 
で、4人組の強盗が白昼堂々ストアに押し入り、計2万ドル(約230万円)相当の製品を強奪するが発生しました。

白昼堂々の押し入り強盗

事件が起きたのは、米カリフォルニア州サンフランシスコから100kmほど離れた、ソノマ地区のサンタローザにあるApple Storeです。犯行に及んだのは14歳〜18歳ほどの若者で、次々と店内からApple製品を奪うと、そのまま車で逃走したとのことです。
 
サンタローザプラザ apple store 強盗
 
Appleの内部規約により、事件が起きてから10分間は警察に通報がされなかったそうですが、そうした内部事情も犯人たちに共有されていたのかも知れません。サンタローザの警察は「顧客やスタッフの目の前で起きた、大胆な日中の強盗事件だ」とし、事件の究明にあたっていると述べました。

カリフォルニア州は“万引き天国”に?

突如集団で現れて慣れた手付きで強盗し去っていく、これらの「フラッシュセフト」と呼ばれる組織的な手口は、このところカリフォルニア州各地で立て続けに発生しています。中には80人の暴徒が店に押し入り、持てるだけの物を盗んで去っていった事件もあります。
 
“万引き天国”となってしまった理由はいくつか考えられますが、約10万円以下の窃盗であれば軽犯罪となり、有罪となるものの収監は見送られるようになったことが結果的に犯罪者を増やしているのではないか、とも言われています。
 
 
Source:DailyMail,DailyWire
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる