トップページ > 最新情報 > ユニバーサルサービス料、2022年1月より月額2.2円に改定
2021年11月25日 14時41分

読了まで 137

ユニバーサルサービス料、2022年1月より月額2.2円に改定

4キャリア ロゴ


 
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)、楽天モバイルは24日、2022年1月利用分(2022年2月請求分)からのユニバーサルサービス料を、1電話番号当たり月額2.2円に改定すると発表しました。

2022年1月利用分から月額2.2円に

ユニバーサルサービス料は、加入電話・公衆電話・緊急通報(110番・118番・119番)などの電話サービスを日本全国に安定的に供給するための料金です。
 
携帯電話サービスやIP電話サービスなどを契約しているユーザーは、毎月一定額のユニバーサルサービス料が各通信事業者より請求されます。
 
ユニバーサルサービス料の単価は、2021年12月利用分までは1電話番号当たり月額3.3円ですが、2022年1月利用分からは料金改定に伴い月額2.2円となります。
 
なお、ソフトバンクのプリペイド式携帯電話サービス「シンプルスタイル」に関しては、リチャージ毎にユニバーサルサービス料が発生する仕組みとなっており、2022年1月25日以降はリチャージ毎に7円がかかります。
 
 
Source:NTTドコモ,ソフトバンク,KDDI,楽天モバイル,一般社団法人電気通信事業者協会
(kotobaya)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる