「宅急便をスマホで送る」がAppleウォレットに対応、領収書のPDF発行も開始 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 「宅急便をスマホで送る」がAppleウォレットに対応、領収書のPDF発行も開始
2021年11月15日 19時09分

読了まで 229

「宅急便をスマホで送る」がAppleウォレットに対応、領収書のPDF発行も開始

ヤマト運輸「宅急便をスマホで送る」 Apple Wallet


 
ヤマト運輸は11月15日から、送り状作成から運賃の決済までスマートフォン上で完結できるサービス「宅急便をスマホで送る」において、荷物の発送予約をした2次元コードをiPhoneなどのAppleウォレットで管理できるようになるほか、運賃をWebからPDFでダウンロード可能になると発表しました。

発送用2次元コードをAppleウォレットに保存可能に

宅急便をスマホで送る」は、2019年9月に提供が開始され、送り状作成や運賃の支払いをスマートフォンの専用サイトで完結できるため、利用者は荷物を対応コンビニ(セブン-イレブン、ファミリーマート)に持ち込んで2次元コードを提示するだけで発送できるのが特徴のサービスです。
 
2021年11月15日から、発送用2次元コードをiPhoneなどの標準アプリ「ウォレット」に保存できるようになりました。
 
ヤマト運輸「宅急便をスマホで送る」
 
Appleウォレットに2次元コードを保存しておけば、発送予定日に予約した店舗に近付くとiPhoneなどの端末に通知が表示され、簡単に2次元コードを呼び出せます。
 
「宅急便をスマホで送る」で荷物の発送予約をした2次元コードがAppleウォレットに保存できるのは、iOS9.0以上のiPhoneです。
 
発送用2次元コードのAppleウォレットへの保存は、2021年11月15日から利用できます。
 

 

履歴画面から領収書のPDFを発行可能に

「宅急便をスマホで送る」は、運賃の支払いにApple Payやクレジットカード払いなどのオンライン決済が利用できたものの、領収書は利用者からの申込に応じて手書きの領収書を発行していました。
 
2021年11月15日以降にオンライン決済が完了し、発送予定日から13カ月以内の荷物については、「宅急便をスマホで送る」の履歴画面から領収書をPDFでダウンロード可能になります。
 
ヤマト運輸「宅急便をスマホで送る」
 
Web領収書の発行回数に制限はありませんが、2回目以降に発行した場合は領収書に「再発行」と記載されます。
 
ヤマト運輸「宅急便をスマホで送る」
 
ヤマト運輸は、今回の変更により経理業務のペーパーレス化や効率化、紙の使用量削減に効果が期待されると説明しています。

「宅急便をスマホで送る」の使い方動画も

ヤマト運輸は「宅急便をスマホで送る」の使い方を紹介した動画も公開しています。
 

 

 
 
Source:ヤマト運輸 報道発表, サービスページ
(hato)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる